昨日初めてお会いした女性。






赤いハンドバッグに

赤いお財布を持っておられた。







私も通常は

赤いバッグに赤い財布を持っていて

おまけに携帯カバーも赤い。






彼女はオーラが大きくてとても美しい。

そんな魅力的な彼女と

同じ好みだったことにテンションが上がってしまう私。






赤い財布はお金が貯まらないと言われているけれど

自分の好きな色のものしか手にしたくないので

ワインレッドの財布を使っている。







もともと、貯めることを楽しみにはしていないので

貯めるための財布として機能しなくてもよいのだ。






そして

その女性とさよならした後

影山さゆりを誘ってKARLYに行った。






鳥取ライブの打ち合わせや週末のライブのことなど

積もる話があったためだ。







彼女が背負っているバッグをみて

「さゆりも赤だね~」と言うと

「私、実は、財布も携帯かバーも赤だに!」

と、バッグの中から次々と赤いアイテムが出された。

(岡山出身のなのに松江弁で答える)








実はさゆりのに会う前に会った女性は

さゆりの友人だったという偶然。

(顔が似ていたことからたまたまそれが判明した)








二人とも人前で表現する仕事をしている。

それが役割なのだ。

(そういえばバルーンのさとさんも赤い(笑))








副社長に

「しゃちょー、もっと表舞台に出てくれーーーーー!」と

度々訴えかけられるが、そのたびにスルーしている。








が、

もうスルーしてる場合じゃないと

この「赤」の件で考えさせられた。







赤のエネルギーを持つ人は

自分のエネルギーをちゃんと循環させないと

自分のエネルギーにやられてしまう。







とりあえず

白髪の方が多く集われる

「○○会」あたりに

顔を出してみようかなとちょっと思った。











てか

わたし

スーツ持ってないがん。










あと7キロ落としたいらしい影山さゆり。
image



















◎㈱蒼の地球HP

◎蒼の地球COF

◎蒼の地球 副社長のブログ