自分の軸の確認のために

時々

バッティングセンターに行く。







少年野球選手や

野球部OBのおっちゃんたち御用達の

野外のバッテイングセンター。






球の速さは

130キロ。







打とうとすると

打てなくて

球のリズムに自分を合わせると

うまく当たる。






腕力がほとんどないので

飛ばすことは考えない。







球と自分のリズムをあわせることだけに集中する。






以前、

ホームランのボードに見事的中。






景品で

黄色いタオルをもらったことがある。






当てるつもりはなかったけど

当たった。







無欲の勝利とはこのこと(笑)









目の前のことに

集中すると

思いがけない結果があとでついてくる。





















久しぶりに

朝日を浴びる。








image





自分のリズムは

変化するものかもしれない。