知り合いの社長さんたちとお話するときに

みなさん口々に言われるのが

「二番手がいない」ということ。







その社長さん達に共通するのは

社長さん自身が「デキる人」であるということ。







頭がキレるし

なんでも

できちゃう人で

やっちゃう人だということ。







自分と同じくらいデキる人がいないから

下に信頼して任せることが出来ないことで

いつも社長自ら仕事を請負いこなしまくることになる。








その社長さんたちに共通するのが

なんだか「いつも大変そう」とか「ちょっと不機嫌そう」

と下の人や周りから思われてしまっているということ。





本人も自覚があるのかないのか

常に余裕のない感じを醸し出してるようで。







トップが出来すぎると

なんだかバランスが悪いものなのだと

以前から何人かの社長さんの話を聴きながら

気の毒に思っていたが








この立場になって

よりそれを強く感じる。










恋愛も組織も同じで

スペースを空けないと

そこにハマる人は来ない。








デキる人になりすぎず

二番手を引き寄せることが

会社の発展にとって大切なことなのだと思う。













この方も

私の出来ない部分をしっかり補ってくれる

最強の二番手である。








なにより

とにかくタフである。







そして

常に中立中庸な考え方を持ち

客観的に物事を見ることができる。





あとは
ファッションセンスが一般人レベルになれば申し分ないと
周囲からの期待は厚い(笑)

image















ホントはデキる女副社長だよん♪